社員インタビュー

機械設計

K.U.

K.U.

学術的な知識を、生きた技術力に。
異業種からの転職で「本当にやりたいこと」を実現。



「技術面を磨きたい。」と考え、エンジニア転職。
教育・研修制度が充実している点に魅力的を感じた。



私は鉄道が好きで、大学卒業時には迷わず鉄道会社を志望して就職しました。仕事自体はとても楽しかったですし、できることも増えて着実に社会人としても成長していたと思います。けど、数年経過し、その会社で自分自身のキャリアを形成していくのではなく、「鉄道の設計がしたい。」と真剣に考えるようになりました。もともと、大学では理工学部で機械系技術研究をしていたこともあり、好きな業界で興味のある技術面を磨いていくことが「(私に)向いているな。」と。そこで、転職活動を始めたところ、トーテックアメニティを知りました。同業他社も何社か内定をいただいていたのですが、それぞれの会社の良さを比較するとトーテックアメニティが一番教育制度に力を入れていて内容も充実しており、私の求める条件と合致したので入社を決めました。





少人数チーム体制でリレーションも図りやすい環境。
好きな鉄道にも関わっている。



現在は、社内少人数体制のチームで、様々な産業分野の設計や図面制作に携わっています。チームで1つの案件に着手することもあれば、個人で進めていく場合もありますね。今まで一番多く受け持った案件は鉄道が多いです。なので、まずやりたいことは実現できています。チーム内のリーダー・先輩社員は話しかけやすく、知識の量・仕事の速さ・テクニックの豊富さもあり、個人判断が難しい部分などで悩みがちなところはすぐに解決できます。良い環境だと思います。私は、まだまだ先輩たちから教わりながら、経験を積み重ねていく立場だと思っています。





趣味、漫才。
社会人芸人大会で優勝経験も。


休みの日は、プロレス観戦や家でテレビを見たりと、基本的にインドアな生活が中心とはなります。あとは、漫才をしています。社会人芸人大会で、優勝したこともありますよ。