特集ページ

紹介制度を活用した社員



紹介制度を活用したSとYのストーリーです。





二人の出会い。


Q.二人の出会いを教えてください。
Y:出会いは同じお客様先でした。トーテックアメニティの人は皆さん温かくていい人ばかりで、よくトーテックアメニティの飲み会にも混ぜていただいていました。
S:お客様先では会社毎の垣根を越えて、協力して現場を乗り切るような環境なんですよ。ライバル会社でもあるのに少し特殊な環境ですが、そうしないと仕事が全く完遂できないんです。
Y:そんな環境で、トーテックアメニティの皆さんは、定期的に勉強会も開いていて、それを横目に見て正直羨ましく思っていました。「私ももっと勉強したい。」と。






自分と向き合うことで見えた「キャリアプラン」

Q.転職活動について教えてください。
Y:年齢的なことも含めて、「このままでいいのかな?私。」と思うようになっていました。そこで、一度自分を見つめなおし、今後のキャリアを真剣に考えることにしたのです。自分と向き合うことで、「1つの業界・製品の検証に精通するのではなく、包括的に検証業務に携わりたい。」という思いが強くなっていることに気づいたので、転職活動を始めました。
S:Yさんが転職活動を始めて暫く経って、偶然にも当社で検証専門の部門が立ち上がったんです。「業界・業種に拘らず、様々な製品の第三者検証をする。」という方向性に、「Yさんの思い描く自己実現と合致するのではないかな?」と薄っすらとですが、思いました。
Y:Sさんからその話をちらっと聞いた時に、「挑戦してみたい。」と思い、応募することにしました。





選考について

Q.選考について教えてください。
Y:私の場合ですが、面接は一度、それが最終面接でした。役職者のみでしたので怖かったですけど、私の話を凄く深堀りして熱心に聞いてくれました。緊張で頭が真っ白になってうまく伝えられなかったことも、最後まで聞いてもらいました。その様子は、温かみや人間味があって、今まで一緒に働いてきたトーテックアメニティの社員の皆さんのイメージと全くぶれなかったですね。
S:私は、「まぁ、怖い人たちじゃないよ。大丈夫だよ。」と励ますだけでしたね。
Y:Sさんには、メンタルサポートをしてもらった感じです。一週間程経過して、「内定」の連絡が来ました。正直、手ごたえは五分五分の印象だったので、無事に合格ができて良かったです。






入社してからのギャップについて

Q:入社前と入社後にギャップはありましたか。
Y:いい意味でギャップはありました。予想以上にフォロー体制がきちんとしていて、風通しがいいんです。自分のアイディアがいいと思ってもらえたら採用してもらえるし、仕事で困ったら手厚いフォローもしてもらえる。転職活動で軸にしていた点、「成長できる環境」「幅広い検証業務に携われる環境」がクリアされてますし、部門も凄く好きですし、上司も心から尊敬しています。今は非常に満足しています。






今後の目標について

Q:今後の目標について教えてください。
Y:私はプロジェクトリーダーとしての役割も期待されていて、リーダーのポジションの勉強もし始めました。I課長には感謝しています。
S:最近、お題目だけをいただいて、分析してテスト設計することが増えてきました。トーテックアメニティの検証スキルを信用してくださっているとすればありがたい話です。また、私が設計したものが、別の人によって構築等されるようになってきました。どこまで深堀して分析して設計できるかがカギになるので、私自身のスキルアップも頑張りたいと思います。







研修・教育制度について


当社では、社員一人ひとりがスキルアップを図れるよう様々な研修・教育制度を充実させています。
研修・教育制度の詳細ページへ移動します。


研修・教育制度