健康経営への取り組み

当グループは、従業員の健康を経営戦略の最重要項目して捉え、
「健康経営」の実現に向けて様々な取り組みを推進しています。
従業員が心身ともに健康であり続け、個人の能力を最大限に発揮できる「活気ある職場」を実現するために、
会社・健康保険組合・従業員が三位一体となって、健康増進に取り組みます。



各種資格取得





健康経営優良法人認定は、経済産業省が企画し実施されている制度です。この制度は「従業員の健康」を企業経営理念に取り入れている企業の中で、ある一定の基準を満たす優良企業に与えられる栄誉であり、当社は「健康経営優良法人2020ホワイト500」に認定されました。

スポーツ庁では、ビジネスパーソン向けにスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取組を実施している企業を「スポーツエールカンパニー」として認定する制度を設けています。当社は本趣旨に賛同し、認定を受けました。

健康寿命をのばしましょう」をスローガンとした厚生労働省の国民運動【スマート・ライフ・プロジェクト】に参画しています。



※当グループの「健康経営宣言」の具体的な取り組みに関しては、会社HP内で、より詳しく記載されています。
 以下の画像またはURLで、該当ページへ移動します。



https://www.totec.jp/company/policy/kenkoukeiei/index.html

※プレスリリースに関しては、以下のページをご確認ください。
https://www.totec.jp/newsR/number/20200304.html